カテゴリー別アーカイブ: 奈良

中学歴史 原始から古代へ 日本の古代国家の形成 確認問題5解答・解説

律令国家を目指して−2

次の文を読んで、後の問いに答えてください。

中大兄皇子は、唐と新羅の連合軍が(①)を滅ぼそうとしたとき、軍隊を送ったが敗れ、その後、九州北部にⓐ兵士を置いて、ⓑ攻撃に備えた。また、ⓒ天皇に即位して戸籍をつくるなどして、改革を進めた。天皇の死後、ⓓ皇位をめぐって争いが起こった。この争いに勝った(天武)天皇は、天皇に権力を集中する国家の建設を推し進めた。また、(②)天皇のあとの694年、唐の都にならって、ⓔ奈良盆地に新しい都をつくった。701年には大宝律令が定められ、改新の方針が実現した。このようにしてできた国家を(③)という。

続きを読む

中学歴史 中世の日本 下克上と民衆の力 確認問題2解答

中学歴史 中世の日本 下克上と民衆の力 確認問題2

 東アジアの交流と民衆の活躍

 次の文を読んで、後の問いに答えて下さい。

  室町時代には商業と手工業が発達し、各地の特産物も増えた。

   平安時代の後期から、商工業者は、

続きを読む

中学歴史 中世の日本 元の襲来と鎌倉幕府の滅亡 確認問題3解答

中学歴史 中世の日本 元の襲来と鎌倉幕府の滅亡 確認問題3解答

 

南北朝の内乱と室町幕府

  次の文を読んで、後の問いに答えて下さい

  鎌倉幕府が滅びると、(?)は、天皇中心の政治を目指し、1334年、年号を(?)と改め、新しい政治を始めた。

続きを読む

中学歴史 中世の日本 元の襲来と鎌倉幕府の滅亡 練習問題2 解答

中学歴史 中世の日本 元の襲来と鎌倉幕府の滅亡 練習問題2

 地図と図を見て、次の問いに答えて下さい。

 

(1)図の?~?にあてはまる場所を、地図中のア~エから選んでください。

   ?1333年、足利尊氏(あしかがたかうじ)が六波羅探題(ろくはらたんでい)を攻めた場所は何処になりますか?

続きを読む

中学歴史 中世の日本 元の襲来と鎌倉幕府の滅亡 クイズ南北朝の内乱と室町幕府

中学歴史 中世の日本 元の襲来と鎌倉幕府の滅亡 クイズ南北朝の内乱と室町幕府

1,後醍醐天皇は公家と武士を統一して、天皇中心の政治を目指したが、この政治を何といいますか?

    [               

続きを読む

中学歴史 中世の日本 元の襲来と鎌倉幕府の滅亡 南北朝の内乱と室町幕府

中学歴史 中世の日本 元の襲来と鎌倉幕府の滅亡

3、南北朝(なんぼくちょう)の内乱と室町(むろまち)幕府

(1)建武の親政(けんむのしんせい)

    後醍醐天皇は天皇親政によって朝廷の公家重視の政治を復権しようとしたが、武士層を中心とする不満を招き、

続きを読む

中学歴史 中世の日本 古代から中世へ 確認問題4解答

中学歴史 中世の日本 中世から古代へ 確認問題4 解答・解説

  二重の支配

 次の資料を読んで、後の問いに答えてください。

 

(1)文中の( )にあてはまる、幕府の役職を書いてください。

  答え 地頭(じとう)

(2)下線部ⓐについて、次の問いに答えてください。

続きを読む

中学歴史 中世の日本 古代から中世へ クイズ 上皇と平氏の政治 

中学歴史 中世の日本 古代から中世へ クイズ 上皇と平氏の政治 

次の問いに答えてください

1, 11世紀中ごろ、藤原氏と血縁の薄い天皇が位につき、政治の実権を取り戻そうとしました。

  その天皇は誰ですか?

  

続きを読む

中学歴史 中世の日本 古代から中世へ 上皇と平氏の政治

中学歴史 中世の日本 古代から中世へ

1、上皇と平氏の政治

  (1)上皇(じょうこう)(皇位を後継者に譲った天皇に送られる尊号。)の政治

   ?後三条天皇(ごさんじょうてんの)

        後三条天皇は、藤原氏と血縁関係が薄かったので、藤原氏を抑え政治の実権をにぎった。

続きを読む

社会 歴史 原始から古代へ 古代国家の衰えと武士の起こり 確認問題2

 (1)Aが使われたころの文化は何というか。

答え 国風文化 

(2)(1)の文化が盛んになったのは、894年のある出来事がきっかけである。それは何か。

答え 遣唐使の廃止

※この出来事により、それまでの唐の文化が輸入されなくなることで日本独自の文化が生まれた。藤原氏を中心とした貴族文化が国風文化である。

続きを読む